アクロポリスとエレクティオン神殿

アクロポリスからの眺望 (画面右側にはアテネで一番高い「リカビトスの丘」が観えます)


「エレクティオン神殿」はパルテノン神殿の北側に建つイオニア式神殿です。

エレクティオン神殿
エレクティオン神殿(復元想像図)

この場所は女神アテナと海神ポセイドンがアテネの支配権を巡って争った聖域であり、また多くの神々の家であり、アテネ先史時代の伝説的な王たちの墓でもありました。

かつてエレクティオン内にはオリーブの木で作られたアテナの聖像が保管されていて、その横にはキュクロプス(ギリシア神話に登場する卓越した鍛冶技術を持つ単眼の巨人)の墓とその娘でエレクテウスの乳母だったパンドローソに捧げられた礼拝堂があったといわれています。

この建物の建築は紀元前421年のニケアの和平の後に始まり、シチリア遠征の間中断され、紀元前406年の建築家フィロクリスにより完成されました。
しかし、17世紀に完全に破壊され、19世紀になってから復元がはじまりました。

建築創造の中で最も特徴があり優美なのが「乙女の露台」で、この建物の南側、パルテノン神殿側に面しています。

6人の乙女「カルアティディス」

6人の乙女は「カルアティディス」と呼ばれ、古代ローマ時代に名づけられました。

「カルアティディス」は頭にイオニア式の伝統的なキーマの装飾で飾られた籠を載せ、その上に正面の屋根が乗っています。
すべての乙女の彫刻は同じようにみえますがそれぞれが個性を持っており、耳朶に穴が空いていてたり、髪型が異なっていたりしていますが、いずれにしろすべてが肩まで髪を下ろし彫刻の首の弱い部分を補強しています。

「アクロポリス博物館」内に保管されている「カルアティディス」

「カルアティディス」6体はすべてコピーで、オリジナルの内1体はエルギン卿によって持ち去られ「大英博物館」にあり、残りの5体は環境汚染などから守るため「アクロポリス博物館」内に保管されています。

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97569467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック