九寨溝(8) 樹正群海 盆景灘

樹正瀑布から樹正群海への水の流れ
チベット族の集落
樹正瀑布から樹正群海への水の流れ 橋に掲げられた経典を書いた旗
水車小屋
樹正群海 1
樹正群海 2

「樹正瀑布」をさらに下っていくと緑の木々の間や段差を水が流れたりしながら、大小19の湖が連なり木々の緑とエメラルドグリーンのコントラストが美しい「樹正群海」へとたどり着きます。

このあたりには「チベット族」の集落が所々にあり、「水車小屋」(経典の入ったマニ車が水の流れで回転していて、マニ車が一回転するとそのお経を一回読んだことになるとのこと)や経典を書いた旗(「ゴダ」と呼び、風でなびけば経典を読んだことになるとのこと)が橋に多数掛かっていたりしていました。

盆景灘 1
盆景灘 2
盆景灘 3

その先は浅瀬に背の低い木が生え、まるで盆栽が浮いているかのように見える「盆景灘」になっています。

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

九寨溝(7) 犀牛海 老虎海 樹正瀑布

犀牛海 1
犀牛海 2
老虎海 1 樹正瀑布 1
老虎海 2
樹正瀑布 2

“Y”字型の「九寨溝」の下の部分、樹正溝を下って行くと、最初にあるのが「九寨溝」では長海に次ぐ大きさの湖である「犀牛海」です。

ラマ僧がサイに乗ったまま神水を求めて湖に入ったのが名の由来だそうです。

さらに下っていくと「老虎海」があり、この湖から滝へ水が流れ出しているのですが、その水の音が虎の咆哮を思わせることからこの名が付いたそうで、その水は木々の間を流れ「樹正瀑布」となります。

九寨溝(6) 五彩池

五彩池 1
五彩池 2
五彩池 3

「五彩池」は「長海」を南へ1kmほど下った所にある、周囲を樹木に覆われた小さな湖です。
200段近い石段を下り、湖面近くまで行くことができます。

「九寨溝」では最も美しい湖と言われ、女神が入浴すると言う伝説があります。

この湖の水は地下水が湧き出しているとのことで、透明度が高く、また光りの当たり加減、水中植物の生育状態など様々な要因によって湖面の色が変化するそうです。



深い色のコバルトブルー、エメラルドグリーン主体の湖面を見ていると、いつまでも飽きることがない素晴らしい景色です。わーい(嬉しい顔)

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

※ 9月下旬から10月に掛けては紅葉の季節で、この湖に赤や黄色の彩りが加わりとても素晴らしい景色となります。

これから行かれる方も多いと思いますが、この湖は狭いので、観光客が多い場合はゆっくり見ていることできなかったり、湖面近くに下りるのに列ができ、相当時間待たされることが予想されます。

特に10月1日前後の1週間、中国では「国慶節」の休みとなり、中国人の観光客が大勢訪れ、大変な混雑となるでしょう!!
「人民網」・・国慶節の旅行先「九寨溝」、「フランス」が人気

九寨溝(5) 長海

長海 1
長海 2
長海 3 長海 4
サンゴの化石 パンダが描かれたエコバス

「長海」は「九寨溝」にある湖の中で最大規模を誇り、渓谷沿いの最深部・最高地点に位置します。
海抜は3101m、長さは4349m、最大幅は415m、最深は89m、面積は928平方キロメートルです。
氷河の侵食により作られた湖だというこということなので、水の色以外はフィヨルドの景色とそっくりですね。⇒「ソグネフィヨルド・クルージング」

雄大な山々に囲まれ、湖面の近くまではかなり長い石段で降りられますが、標高が高いので登りでは少し息切れするかもしれません。

石段の途中にはサンゴの化石があり、信じがたいのですが、かつてここが海であったことを示しています。

九寨溝(4) 箭竹海 珍珠灘 珍珠灘瀑布

箭竹海 1 箭竹海 2

「箭竹海」は「熊猫海」の北隣、原始森林に向かう途中にあります。
「箭竹」とはパンダが好む竹の種類だということですが、周りを見ても竹らしきものはありませんでした。
視界が開けた一帯は広々として気持ちが良く、青々とした湖面が美しい湖です。

珍珠灘 1 珍珠灘 2
珍珠灘 3 珍珠灘 4

「珍珠灘」は幅112m、長さ189m、平均勾配20度の水流の速い箇所で、「珍珠」は日本語で「真珠」を意味し、文字通りその流れは水がはねてしずくとなり「真珠」の様に輝いて綺麗に見えます。そしてその流れは「珍珠灘瀑布」へとつながります。

珍珠灘瀑布 1 珍珠灘瀑布 2
珍珠灘瀑布 3 珍珠灘瀑布 4

「珍珠灘瀑布」は海抜2433m、幅163m、最大落差40mの雄大・壮麗な広い新月型の滝です。
滝は谷底に落ちる際、耳を振るわせる轟音を放ち、「九寨溝」のどの流れよりも澄んでいて、美しく、流れが急で、流れの音が激しいことで有名です。

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

九塞溝(3) 熊猫海 熊猫海瀑布

熊猫海 1 熊猫海 2
熊猫海 3 熊猫海 4
熊猫海 5 熊猫海 6

「熊猫海」は「五花海」の北隣にあり、海抜2587m、平均水深14m、面積9万平方メートルの湖です。
熊猫(ションマオ)は中国語で「パンダ」のこと意味することから、「パンダ海」とも呼ばれ、かつてはパンダが水を飲みにこの湖に現れたところからこの名前が付いたということです。
現在は観光客が多いのでパンダは山奥へ行ってしまい、残念ですがこの湖に現れなくなりました。
「熊猫海」は湖水が澄み渡り、景色の投影が美しいことで有名です。

「熊猫海」から「熊猫海瀑布」へと水が流れる 熊猫海瀑布
「熊猫海瀑布」の水は「五花海」へと流れ落ちる
「熊猫海」からは「熊猫海瀑布」へと水が流れ出しています。
「熊猫海瀑布」は高さ78m、滝の頂上の幅50mで「九塞溝」では落差が最大の豪快な流れの滝で、中央にある岩によって左右に別れて水が流れ落ちています。


励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

九塞溝(2) 五花海

五花海 1

「五花海」は海抜2472m、深さ5m、面積9万平方メートルの九塞溝で最も澄んだ湖で、水底にはカルシュウム、マグネシウム、銅のイオンを含む石灰化鉱物が沈殿していて、いろいろな藻類、コケが生息しています。
湖面は太陽光線の屈折と散乱により、緑、青を主とする色とりどりな色彩を放っていて、湖面に近づくと湖底に沈んだ倒木がくっきりと見え、無数の小魚が泳いでいます。
「五花海」の色彩と輪郭は、尾羽を半ば扇状に広げている孔雀に似ていることから、「孔雀海」とも呼ばれ、”九塞溝の一絶(九塞溝にしかない景色)”と讃えられています。

五花海 2 五花海 3
五花海 4 五花海 5
五花海 6 五花海 7

チベットの民族衣装を10元で観光客に貸し出していますので、それを借りて「五花海」を背景に写真撮影をする女性もたくさんいました。(男性用の民族衣装も貸し出していますが、それを借りる人はほとんど見かけませんでした。)

五花海 8 五花海 9

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

九塞溝(1) 諾日朗瀑布 鏡海

九塞溝観光MAP 「九塞溝」はとても広いので、観光スポットまではバスで行き、そこから歩いて見学することになります。
私達のツアーは貸切のエコバスでしたので、効率よく各観光スポットを廻ることができ、歩く距離も最小限で済みました。
※構内シャトルバスもあり、90元で乗り降り自由ですが、停車場所は決まっていますので、観光スポットまでかなり歩かなければならない場合もあるようです。

諾日朗瀑布 1 私達のツアーの最初の観光スポットは、入場ゲートから約15km、Y字形になっている3つの谷の分岐地点に近い「諾日朗瀑布」(海抜2365m)から始まりました。
「諾日朗」とはチベット語で男神を意味し、壮大とか雄大という意味も持っています。その名の通り「九塞溝」最大の規模を誇り、滝の高さは24.5m、幅は320mで中国でも最大級の石灰石で形成された滝です。

諾日朗瀑布 2 諾日朗瀑布 3

次に訪れたのは「鏡海」です。湖はすべて「〜海」と名づけられていますが、チベットの人々は海を見たことがないので、湖のことをこのように呼ぶということです。
この「鏡海」(海抜2390m、長さ925m、平均幅212.8m、平均深度11m)は名前の通り、波がたたず、鏡のような水面で、雲、森、山などが水面に映り、「魚は雲の中を泳ぎ、鳥は水中を飛ぶ」といわれるほどです。

鏡海 1 鏡海 2
鏡海 3 鏡海 4

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

「九塞溝」の観光スタート

入場券売り場及びビジターセンター ビジターセンター内に展示されている九塞溝に生息する鹿の剥製 
ビジターセンター内に展示されている九塞溝の写真1 ビジターセンター内に展示されている九塞溝の写真2
ビジターセンター内に展示されている九塞溝の写真3 ビジターセンター内に展示されている九塞溝の写真4
九塞溝入り口
ツアー4日目、「九塞溝」観光のスタートです。当日は天気も良く上々の観光日和でした。

「九塞溝」の名前の由来は、かつてこの地にチベット族の集落が9箇所あったことからその様に名付けられ、1970年代に森林伐採の際に偶然発見されたもので、a山山脈の南部に位置し、標高は、入口で2,040m、最奥の長海では、3,100mあり、周囲の山は5,000メートルを越えています。
1992年に世界遺産に登録され、観光区総面積は約200平方キロ、観光で回る所は約80平方キロあり、渓谷に沿って大小110余りの湖が点在しています。

九塞溝の入り口までホテルからバスで10分程度で到着。その入り口の前に入場券売り場及びビジターセンター(展示室)があり、九塞溝の四季折々の写真や生息動物などが展示されています。
なお、入場料は220元で60歳以上の方は190元となっています。
九塞溝内へ入ると「エコバス」に乗り換え観光することとなり、場内は禁煙となります。

励みになりますので、ポチッと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

九塞溝へ到着 チベット民族ショー

シェラトン・九塞溝・リゾート

午後7時頃、海抜1,800mにある宿泊先の「シェラトン・九塞溝・リゾート」へ到着。 ⇒ シェラトン・九塞溝・リゾート ホームページ

チベット民族ショー チベット民族ショー

夕食(バイキング)の後、「チベット民族ショー」を鑑賞しました。

多彩な民族衣装と多様な演出で楽しい夜を過ごし、そして翌日はこのツアーのハイライト「九塞溝」観光です。